博打はいつも同じ金額を持ってけ!!

博打はいつも同じ金額を持ってけ!!

1 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2012/06/30(土) 16:34:16.60 ID:WDz62SGRO

by浅田次郎

2 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2012/06/30(土) 16:36:52.26 ID:djHCNEEUP

「競馬の達人」ですね
あれは名著でしたね
競馬本なんて買っては処分の連続だけど
これだけはずっと手元に置いてある

3 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2012/06/30(土) 17:30:22.52 ID:6EQ2ncmz0

投資金額についての厳守事項をひとつ授けておこう。
アマにとっては多少人生が狂っても、身を滅ぼさないための防衛策。
競馬歴10年以上のセミプロの方には道楽を道楽のまま持続させるための必須要項である。

それは「いつも同じ金額を持って出かける」ということである。賢明な方はすでに実行しておられると思うが、
これは競馬に限らず、麻雀でもパチンコでもラスベガスでも、全てのバクチに共通する極意のひとつである。
5万円、と決めたらピッタリ5万円を持って家を出る。4万5000円しか手持ちがなければ、その日は見送る。
6万円あっても、1万円は家に置いてくる。
なぜこんな制限をするかというと、元金が変わればおのずと張り目が変わってしまうからである。
もっと分り易く言うなら、普段は5万円の予算の人が、暮のボーナスが出たからといって20万円持って勝負に出かけたとする。
レートが4倍ちがえば、買い目は全く異なる。

4 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2012/06/30(土) 17:32:40.98 ID:6EQ2ncmz0

1年間、5万円の基準の上に試行錯誤を繰り返してきた彼の馬券術は、20万円の世界では何の役にも立たないはずである。
結果、5万円の世界では考えるあけもないメジロマックイーンの単勝1.7倍に勝負、なんてことになる。
毎週20万円を持って来る人なら「ユタカっ、バッカヤロー!」で済む。
しかし、たまたま20万円持って来てしまった彼は、いくらダイユウサクの脅威の大駆けを呪ったところで、取りかえしはつかない。

つまり、元金5万円と決めたら、5万円運用術のスペシャリストになることが、競馬で勝つための重要な要件なのである。
持ち金が常に一定であれば、たとえば麻雀ならそれに応じた手づくりや打ち回しをする。パチンコならおのずと、レート見合った機種を選ぶだろう。

5 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2012/06/30(土) 17:34:44.94 ID:t0j+2B0Y0

金額いかんに関わらず当たらなきゃ意味ねえだろ(´・ω・`)

6 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2012/06/30(土) 17:35:18.49 ID:6EQ2ncmz0

このように常に一定のタネ銭を決めることによって、無限に存在する勝負パターンを、もっと自分の身丈に合った一局面に限定するのである。
そしてその習慣を持続しつづけることで、【局面のスペシャリスト】になる。
この方法は、こと自信のないレースでも買わずにはおられない人ほど、確実に実行しなければならない。
時として、途中で大穴を的中させ、持金が50万円に膨らむこともある。
それはそれで、事実上は新しい局面に突入するわけだが、大局的に見れば「5万円の世界の一局面」であるから、
何度か同じ経験を重ねるうちに、そうした局面での学習効果が身につく。

ところが、タネ銭が20万円であったり1万円であったり常にマチマチだと、50万円に膨らむまでのエネルギー経緯もそれぞれ違うから、
「こういう場合はこう打って行く」という学習効果がサッパリ身につかないのである。

7 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2012/06/30(土) 17:38:09.28 ID:6EQ2ncmz0

自分がどの程度負けているのか、逆にどういう勝ち方をしているのか、という冷静な戦況判断の基準は、「一定のタネ銭」にあるのだ。
「午前中はいい調子だったのに・・・」という負けパターンの原因の多くは、勝ちに回ったときの戦況判断の甘さである。

私も競馬場にでかけて、ばんたび勝って帰ってくるわけではない。もちろん中山名物オケラ街道をトボトボと帰ることも珍しくない。
しかし、ただ一つ自信を持って言えることは、途中で大穴を的中させて元金が数倍に膨らんだらもうコッチのもの、その日は負けは絶対にない。
個人のレートは馬券師たちの機密事項だが、ともかく常に一定であるからこそ、こうした勝ちを確実に拾えるのである。

自分をどのレートのスペシャリストとするかは、全く個人の自由である。ただ、100万円と決めたら、必ず100万円ピッタリ持って行く。
1万円と決めたら、駅の改札口で1万円札を両替するところからはじめる。そして少なくとも数年間は、そのペースを厳守する。万が一、レートを変更する時には、競馬観そのものを変えるほどの決意が必要である
(持金レートが私たち仲間の機密事項であるという理由は実際のプロといわれる人々でも1万円から数千万円まで、全くマチマチだからである。)

10 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2012/06/30(土) 17:42:19.16 ID:fmERqgAgO

>>7
勝ちに回った時の戦況判断の甘さ

これだ!

8 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2012/06/30(土) 17:40:18.18 ID:6EQ2ncmz0

私の信条として、他人の馬券術に口を出すことはまずない。他人の勝負に相乗りするということも、まずない。
それぞれのレートによって、勝負どころは異なるからである。しかし、アドバイスとして口にするのは「ノミ屋だけは、やめなよ」ということである。
べつに違法だからとか、キリがないからとか、逃げられたら困るとか、そんなつまらない理由からではない。
レートの限定、つまり鉄火場の中で自分の座っている席が分らなければ、いつまでたっても上達はないからである。

ブームに水をさすようで申し訳ないが、やはり競馬は勝てない。理論的にもそうだし現実も、そのとおりだ。
しかし、不思議なことにプラストータルのプロはちゃんと存在する。もちろん私もそのうちのひとりである。
投資金額はみなマチマチだが勝負の場を離れて語り合いながら一様に感じることは、カネに対する執念である。秘密のレートも、その執念から導き出されたものだ。
競馬の社会的罪悪性を覆すことのできる唯一の方法は競馬に勝つことである。そして―「勝つ」という信念がなければ、必ず負ける。
勝負とはそういうものである。

12 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2012/06/30(土) 17:45:11.41 ID:vr07aAy/0

俺がその日勝ってても最終的にマイナスになる理由がわかった気がする

13 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2012/06/30(土) 17:45:56.15 ID:M4Duvtz+0

確かに持ってる額で買い目が異なるのはわかるな
同じ馬を買うにしても

19 :凄まじい相馬眼の持ち主:2012/06/30(土) 18:03:05.46 ID:TRRp+Vm70

おお!浅田次郎せんせーの御本じゃないかwww
浅田せんせー最近、説教臭さがキツクなって読んでないけど
一時ハマったなー

初等犯罪学入門とか金ぴかとか浅田せんせーの
ダークさ全開で面白いよ

21 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2012/06/30(土) 18:16:02.56 ID:6EQ2ncmz0

アホな負け方を防ぐための知恵

23 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2012/06/30(土) 18:52:24.59 ID:NvD7s3Vt0

競馬はあくまで道楽、ただし真剣に向き合って
何十年も破綻せずに継続して楽しんでこそ真の道楽

ってスタンスだからな。浅田は

24 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2012/06/30(土) 18:56:02.01 ID:uvTZ+LRe0

でもプロとか言っちゃってんだろw

ブログランキング参加中!

スタリオン速報では、以下のブログランキングに参加しています。
当サイトを気に入って頂けたり、記事を読んで面白かったらポチってもらえるとサイト更新の励みになります!

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(競馬)へ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。